キッズダンスコンテスト2016!東京or関西?どんな内容なのか?

03.122016

この記事は2分で読めます

毎年キッズダンス界では大盛り上がりしているイベントがあります。

それがキッズダンスコンテストです。

sponsored link

2016年もそのコンテストの開催が決定いたしました。

 

そこで、このキッズダンスコンテストとは、どのようなコンテストなのかということをご紹介していきたいと思います。

 

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

予選や本選の日程について

さて気になる予選や本選の日程についてですが、
大体2月下旬頃から予選が各地で始まります。

 

関東・中部・近畿・中国・九州など全国各地で開催される予選で、
本選に出場するキッズダンサーたちを選出していきます。

 

既に本選に出場が決定したチームもちらほらと出てきておりますが、
この後もどんどん予選が行われていきます。

 

3月〜7月の間に各地予選が行われていき、

「関東パフォーマンス&コンテスト 関東大会in横浜プレミアホール」(本選)が、9月4日(日)に開催され、

 

「全国パフォーマンス&コンテスト 全国大会in横浜プレミアホール」(本選)が、12月24日(土)に開催されます。

 

子供たちはこの本選に向けて日々練習を積み重ねていきます。

 

気になる審査基準はどんなこと?

子供たちが主役となるキッズダンスコンテストですが、どのような点を見て審査をしているのでしょうか?

 

主に審査をしているのは以下の項目です。

 

○技術力
○表現力
○構成
○チーム力
○衣装
○マナー(会場内でのマナーや挨拶ができるか、態度はどうか等)

○感動(ダンスの質ではなく、一生懸命取り組んでいる姿があるか、インパクトはあるかなども審査対象)

 

○スピーチパフォーマンス(パフォーマンス前に30秒以内でのスピーチがあり、その内容も審査対象)

 

です。

 

ダンスの質だけではなく、このコンテストにどう取り組むかという姿勢も審査対象となっているのが特徴です。

 

またキッズダンスコンテスト以外のコンテストで実績を残しているチームはシード権が与えられます。

 

sponsored links


 

募集要項について

このコンテストの募集要項は以下の通りです。

 

○参加対象
中学生以下で3〜20名まで構成されたチームであること

 

○部門
幼児・小学生低学年部門(2016年4月の時点で小学3年生以下が対象)

 

小学生高学年部門(2016年4月の時点で小学4〜6年生が対象)

 

中学生部門(2016年4月の時点で中学1年生〜3年生が対象)

 

となっております。

 

予選参加費は1人につき1,500円となっております。

これらの条件を満たしていれば誰でも参加ができます。

ぜひこれらの募集要項もチェックしておきましょう^^

 

キッズダンスコンテストは毎年大盛り上がりしており、
毎年たくさんの子供達が参加しています。

 

2017年の開催も決定しているようなので、興味がある方は参加してみてはいかがでしょうか?

 

sponsored links


関連記事

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。