グランNU茶屋町のミュゼでカウンセリングを体験♪

04.062016

この記事は6分で読めます

春が近づき暖かくなってきて露出が増える時期になってきましたね^^

 

そうなると気になる女性の悩みのひとつにムダ毛の処理が挙げられるのはないでしょうか。

 

ネットで色々調べることができる昨今、脱毛サロンも多く迷ってしまうという方も多いかもしれません。

 

少しでも参考になればと、今回は脱毛サロンで有名なミュゼプラチナムに行ついてご紹介していきます。

 

▼詳しい内容や予約は、今すぐこちらをチェック▼

 

まずは予約

113

脱毛サロンに関わらず電話予約しかできないとなると、

 

自分の都合に合わせて予約がしにくいってことありませんか?

 

自分の予定が落ちついて予約しようと思ったら受付時間外だったり…

 

その点ミュゼはすべてWEB予約なので好きな時間に予約することができました。

 

いざカウンセリング予約日

初めてのお店って本当に緊張しますよね。

 

正直、私も緊張してミュゼのドアが重く感じました(笑)

 

image4

 

ドアを開けると目の前に受付があります。

 

白を基調に優しい木目で統一された清潔感のある店内で雰囲気は好印象。

 

受付に予約時に登録した名前を伝えようと思いましたが受付にはたくさんのスタッフさんが…

 

誰に伝えていいかわからずまた緊張してしまいました。

 

私に引き続き、たくさんの女性が続々と来店されていたので、

 

さすが人気店と言われているだけあるなーという印象。

 

椅子に座って名前を呼ばれるのを待ちました。

 

これ数分なんですけど緊張しすぎて、数十分に感じてしまったのはココだけの話^^

 

タッチパネルで情報入力

image3

店内に案内されまずは壁ぎわに作られたブースのような場所に案内されました。

 

ここで自分の情報を入力するんですがもう今はタッチパネルで可能なんですね。

 

↓(実際につかったものです)

 

image2

 

あのカラオケボックスのデンモクのような機械でポチポチ。

 

 

常用している薬や脱毛経験の有無、さらに”脱毛のイメージ”なんてのもありました。

 

勧誘、料金、接客…などなど。正直に入力!

 

 

入力が完了すると画面に、

 

「スタッフがまいりますので少々お待ち下さい」

 

と画面に表示されるので素直に待つ。

 

 

派手すぎず、そして地味すぎない雰囲気の良いスタッフさんが担当してくださり、

 

いざカウンセリングルームへ^^

 

 

カーテンで仕切るような個室ではなく、しっかりと区切られているスペースだったので

 

周りの目を気にすることなくカウンセリングを受けることができました♪

 

カウンセリング開始

114

さきほどタッチパネルにて記入した情報を元にいざカウンセリングがスタート!

 

おそらく一番知りたかったのは常用してる薬と、

 

他の店舗での脱毛経験の有無だったのではないかと思われます。

 

 

私は常用している薬があるので、

 

すぐには契約できず、まずはお医者さんの許可は必要とのことでした^^;

 

薬によっては光を吸収しやすかったり、

 

肌トラブルを招く場合もあるのでそこは徹底しているようでした。

 

 

うやむやにして契約させられたりすることがなかったので、

 

安心して脱毛を受けられるなーと安心できる印象でしたね。

 

導入しているのはS.S.C脱毛

171

ミュゼが使用している機会はS.S.C脱毛という方法だそうです。

 

フラッシュや光脱毛と大きく違いはないそうですが、

 

毛根の黒さに反応するのではなく、

 

施術時に使用する脱毛のジェルに反応するのだそうです。

 

 

それによって痛みは少なく、

 

産毛のような細い毛にも反応しやすいですって♪

 

 

何より大切なのは毛質ではなく、

 

肌質でできるだけ早い効果を求めるには、

 

日々の肌のお手入れがとても大事だと教えてくれました。

 

 

角質が溜まっていると反応しにくくなるので、

 

保湿以上に角質の処理は大切なんだとか…

 

 

施術を続けることにより毛や毛根が細くなってくるので、

 

目立ちにくくなってくるようです。

 

 

さて、そうなると気になるのがどれくらいの期間で綺麗になるのかということです。

 

なんと、4〜5年!!

 

 

率直な意見としてはそんなにかかるのかーという感じでしたね^^;

 

毛の周期も完成してくれるので来店するペースは2ヶ月に1回。

 

こ、これは、1日でも早く行った方がいいですね(笑)

 

 

▼詳しい内容や予約は、今すぐこちらをチェック▼

 

コース料金について説明

303

一通り説明を受けたあとに聞かれたのは、特に毛が気になる箇所。

 

もちろん全身気になるのは、前提に特に気になる箇所を数点挙げていきました。

 

 

いくつかのコースが用意されているのですが、

 

気になる箇所によって1回あたりの料金が違うわけです。

 

 

ミュゼは都度払いは対応しておらず予算などに合わせて、

 

通う回数を決めてまとめて支払うという形だそうです。

 

 

私は腕は一番気になっていたので、それを含んだコースで約15回通うとして、

 

見積もりを出してもらったところ…

 

約◯万円ほど!!!(やっぱり、それくらいかかるかぁ^^;

 

 

高いと思うのか安いと思うのかは、人それぞれだと思うんですが、

 

気になる方は、すぐに見積もりを出してもらってもいいかもしれませんね♪

 

 

ワキとVラインは安い!

ほとんどコースについての説明を受けましたがその中でふと気になったのはワキとVラインのみのコース。

 

こちらは約数千円で気にならなくなるまでずっと通えるということ。

 

まずはお試しで、これをやってみるというのもありですね。

 

 

勧誘はあったか?

291

この料金の話をしている間気になっていたのは勧誘があるかということでした。

 

勧誘があるイメージで脱毛サロンに行けないという方も多いのではないでしょうか?

 

ですが、事前の情報通り、しつこい勧誘というのは特にありませんでした^^

 

 

しかし、顧客である私に意見を委ねる沈黙が所々あり断ったりしにくく、

 

カウンセリングスタッフさんの誘導にお任せします、

 

という感じになってします印象は強かったです。

 

 

人によっては、狭い個室で2人きりで沈黙されてしまうと、きまずいと感じるかもしれません。

 

押し売りはありませんでしたが、こういったシーンはどなたでもあると思いますので、

 

お試しであれば、ここは割り切って行かれることをオススメします。

 

 

(※ですが、一旦持ち帰って考える、という信念さて持っていれば、

 

まったく問題ないですね^^

 

事前情報がまったくないと、おどろいてしまうかも知れませんが・・・。)

 

安心してください!中途解約も可能ですよ♪

313

料金の説明と並行して伝えられたのは中途解約が可能なこと。

 

毛が目立ちにくくなって気にならなくなったら、

 

残った回数分の料金は返金してくれるんだそうです♪

 

 

ただ、そこで気をつけないといけないのは、

 

当日キャンセルは1回分として消化されてしますということ。

 

 

契約継続の場合はキャンセルした分は消化されず、別日に施術を受けることができますが

 

中途解約の場合は当日キャンセルは1回分としてカウントされますと丁寧に教えてくださいました。

 

 

冒頭でお伝えした通りミュゼの予約はすべてネット予約なので

 

前日の23時59分までにはキャンセルしておくということは気をつけなければいけませんね^^

 

ミュゼ・・・いい感じ!

312

今回ミュゼのカウンセリングに行ってみて感じた印象は、

 

1、店内は清潔感があり心地いい空間である。

 

2、ワキとVラインだけならとにかく安い!

 

3、あらかじめどんなコースで予算はいくらかを下調べして伝えること大切☆

 

4、勧誘は気にならない。

 

こんな感じです^^

 

 

脱毛サロンが苦手な場所になるのではなく、

 

キレイに向けて楽しい場所であるよう参考になると幸いです♪

 

 

施術に行った際はまたお伝えできればと思っているのでお楽しみに・・・

 

 

ちょっとでも気になった方は、すぐにネット予約できるので、

 

限定のキャンペーン中に、予約だけでもしておいたほうがいいですよ♪

 

夏っぽくなったから・・・では、遅いです!

 

できる女は、いまのうちにツルスベ肌を目指しましょう^^

 

▼詳しい内容や予約は、今すぐこちらをチェック▼

 

 

この記事の続きは、こちらです。

 

>>グラン心斎橋OPA店のミュゼで脱毛を体験☆

 

この記事を書いた人

つづりびと
つづりびと
美容関係で長年働いながら30歳を機にライターの世界に飛び込む破天荒なアラサー女子(笑)
現在twitterでつづりびととして手紙を書いています。
エピソードに寄り添いながら代筆もしていますのでお気軽にDMにどうぞ♡

DMはコチラ

関連記事

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。